販売書籍詳細
タイトル

CESAネットワークゲーム&携帯電話ゲーム
コンテンツユーザー調査報告書・第二集
~2005年春調査~[最新版]

イメージ
2010CESAゲーム白書
ISBN

4-902346-09-5 C3000

発行日

2005年7月

価格

5,000円+税

ページ

47P

在庫

あり

目次ダウンロード プレスリリース 誤植のお詫び 誤植ページダウンロード
プレスリリース

[概要]
 「CESAネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザー調査報告書」 は、当協会で2002年まで実施しておりました「ネットユーザー調査」をベースに、「ネットワークゲーム」「携帯電話ゲームコンテンツ」などのゲーム利用の部分を重点的に調査し、結果をまとめた報告書となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の調査結果を要約いたしますと、有料ネットワークゲームの現参加率は4.3%、 無料ネットワークゲームの現参加率は25.3%、また携帯電話ゲームコンテンツの 現参加率は19.9%となりました。

 今回は前回調査時の反省として「ネットワークゲーム」の定義・種類に対する認識が回答者により差があったことなどを踏まえ、調査時に具体的なイメージ図を提示した点が特徴となっております。また前回調査と比較することで、時系列比較ができるような構成となっております。

 一方今回は前回調査を踏まえ、さらに踏み込んだ調査も実施致しております。新たな調査としては、「ネットワークゲーム」のプレイ時間帯を1時間毎に調査し、「有料・ 無料」別、「平日・休日」別に利用状況を調査いたしました。調査結果ではいずれの場合も全体としての参加率の波の描き方はあまり差異が無く、特徴として「午後9時台~午前1時台」の時間帯が他の時間帯より集中する傾向がうかがえました。これはメイン プレイヤーとなる学生・社会人において、帰宅後~就寝前となる夜間帯に集中する ことに起因するものではないかと考えられます。

 また「携帯電話ゲームコンテンツ」に関しては、所有携帯電話のキャリア調査のほか、 主に遊ぶゲームコンテンツがネットワークに接続するタイプか否かを調査いたしました。現状では非接続型のタイプが好まれる傾向がありますが、今後ネットワーク接続料金の「定額制」傾向が進むことによって、変化が見られることも考えられます。本項目については追って調査を継続してまいる予定です。