販売書籍詳細
タイトル

2015CESAゲーム白書
2015 CESA Games White Paper

イメージ
2015CESAゲーム白書
ISBN

978-4-902346-32-9

発行日

2015年7月27日

価格

7,000円+税

ページ

226P

在庫

あり

目次ダウンロード プレスリリース
プレスリリース

 この度は「2015CESAゲーム白書」をご高覧いただき、誠に有り難うございます。

 今年4月に当協会は一般社団法人ソーシャルゲーム協会(JASGA)と合併し、「新生・一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会」として新たなスタートを切りました。
 昨今のゲーム産業は家庭用ゲーム機にとどまらず、スマートフォンやタブレット端末等のプラットフォームを介したゲームが急速に広がりを見せており、ゲーム利用者の裾野が広がってきていることを実感しております。またスマートデバイスの世界的な普及に伴い、全世界のゲームユーザーを同時に対象とするビジネスモデルへと変化を遂げていると言っても過言ではないでしょう。
 一方で、こうした産業構造変化を見越した上で、インターネットを介したゲーム市場規模の把握が急務とされていました。昨年より調査設計自体を大きく変更し、多領域に亘る市場調査を実施しております。国内・海外のゲーム市場の変化を伝える客観的なデータを収録した本書をお届けできることを嬉しく思います。

 2014年の家庭用ゲーム市場について、調査結果を要約いたしますと、販売店ベースの数字である市場規模について、日本国内は、ハードウェアが1,378億円、ソフトウェアが2,356億円、合計で3,734億円となりました。なお上記数値はパッケージゲームソフトを推計した市場規模ですが、日本国内に関して別途ダウンロードゲームソフト市場を推計したところ、165億円であることがわかりました。
 一方、海外の市場規模は、ハードウェアが1兆5,790億円、ソフトウェアが1兆9,536億円、合計で3兆5,325億円となりました。
 本書では上記データのほか、周辺市場に関するデータ、アーカイブ資料等も収録しております。

 また今回は、2012年より3年間会長を務めました鵜之澤伸前会長の特別寄稿を掲載しております。このほか、業界動向として「青少年の安心・安全なインターネットを目指す第三者機関の取り組み」「カプコンの教育支援10年史~社会的課題の解決に向けた取り組みの変遷~」の2テーマの寄稿をいただきました。いずれも大変興味深い内容となっており、ぜひともあわせてお目通しいただきたいと存じます。

 最後になりましたが、今回の「2015CESAゲーム白書」発刊にあたり、調査にご協力いただきました会員各社関係各位、非会員ゲームメーカーの皆様に加えて、日頃大変お世話になっております経済産業省商務情報政策局の関係各位、ゲーム市場関連データをご提供いただきました関係各位に厚く御礼申し上げますとともに、今後とも当協会へのご理解とご協力をお願い申し上げ、発刊のご挨拶とさせていただきます。



Thank you for reading" 2015 CESA Games White Paper."

April of this year, our association joined hands with Japan Social Game Association (JASGA). We have started New Computer Entertainment Supplier's Association.
I believe the gamers are becoming interested beyond the video game hardware. The game industry is producing games on video game hardware, smartphones and tablets. Smart devices are in the hands of people worldwide, and with this change, the nature of gaming business has altered. Gamers are receiving services globally and simultaneously.
Given the change in the game market, it is our responsibility to study the size of the Internet game market. Since last year, we have updated the research method to include wider range of markets. I am happy to present you this report, which covers domestic and overseas game markets data.

To summarize the 2014 video game market: the domestic sale of hardware was 137.8 billion yen, software sale was 235.6 billion yen and the total was 373.4 billion yen (store sale base data). The above data shows the physical games sold. The domestic downloadable game sale was 16.5 billion yen.
In overseas market: hardware sale was 1.579 trillion yen, software sale was 1.9536 trillion yen, and the total was 3.5325 trillion yen.
The report includes the above data and other market data and archived documents.

In this publication, the last President Shin Unozawa (2012-2015) contributed an article." Aiming for Safe and Secure Internet Use by Young People by Third Party Organization," and "CAPCOM's 10 years of Educational Support: Solving the Social Issues" were also included in this publication. I am sure you will find the articles interesting.

Finally, I would like to acknowledge those who were involved in publishing" 2015 CESA Games White Paper:" CESA members and non-member game companies who were part of the research, staffs of Commerce and Information Policy Bureau of METI and those who provided the game market data. I would like to express my gratitude for their future support and understanding.